GUYATONE LG-65T 最も売れたビザールギター

img_1055

 

 

 

 

img_0863

 

GUYATONE LG-65Tは今現在楽器屋、ネットオークション、リサイクルショップetcの市場でもっとも出回っているビザールギターで、1948年設立の松木電気音響研究所(GUYATONE)のソリッドギターで、最も売れたとされています。
LG-65Tは1963年に生産が開始され、エレキギターブーム最盛期の65年に最も生産されたと思われます。(経験上昭和40年のシリアルが圧倒的に多い)

LG-65Tは前年に発売されたLG-55Wにトレモロアームとリズム、ソロスイッチが搭載されたモデルで、ビギナーの多くがこのギターを最初に手にしました。
また多くのGUYATONEがアメリカに輸出されKENTというブランド名販売されました。KENTではLG-65Tはラスベガスという名前で販売されていたようです。

LG-65Tのカラーは3種類で、サンバースト、65年以降にホワイト、レッドの各3種類が確認でき、サンバーストにはレフティも存在します。

またサンバーストはナチュラルカラーのヘッドの他にマッチングヘッドの物があります。

ポジションマークは初期の長方形型から60年代後半からネックサイドに爪型の物もあります。それに伴い自分の経験上、後期の爪形のポジションマークが施されてるネックはヘッド側にトラスロッドがあります。初期のネックはトラスロッドがないタイプ、ボディ側にあるタイプがあります。

ネックのスケールはボディが小さいのでショートスケールに間違われやすいですがミディアムスケールの20フレットです。

このネックは確認できるだけで、LG55,65,80,85,130,140,145等に共用で使われております。
ネックの他にもブリッジも共用で使われております。このブリッジは三弦を巻き弦にする事でオクターブが合うように設計されています。

シングルコイルのPUもほぼ同じものがLG-50A、55、130、140、145、また同メーカーのラップスチールにも使われております。
通常は楕円よりの丸みを帯びた長方形型で、白いカバーにポールピースを囲む黒いカバーですが、輸出モデルではLG-85Tに使われている角張った長方形のPUが使用されています。

 

基本仕様
LG-65T
2PU(シングルコイル)
リアPU フロントPU ON/OFFスイッチ
2vol 1tone
solo/rythm スイッチ
ミディアムスケール
20F
指板 ローズウッド
ネック メイプル
ボディ ラワン

次回は電装系や細かい部分に迫っていきたいと思います。

 

またLG-65Tの店舗販売、ネット販売もしているのでこちら興味があればよろしくお願いします。
http://guitarshopb.theshop.jp/items/4454898

Bridge guitars

営業日
土日祝
11-19時
(平日でも事前に問い合わせいただければお店を開けます。)

住所
東京都杉並区高円寺北3-31-19

Tel
09062657642